スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『魔女たちの22時』魔女の手作り紫根化粧水とは?

2010.06.24.12:00

『魔女たちの22時』で紹介された、55歳の魔女のお肌が20歳も若返ったという、魔女手作りの”紫根(しこん)化粧水”って何でしょう。

紫根(しこん)とは、白い花が咲く「むらさき」という植物の根を乾燥させたもののことを紫根(しこん)と言います。「むらさき」の根を煮出すと紫色になり、江戸時代には染色として染物に使われていたそうです。
この紫根には、新陳代謝促進、抗菌、消炎作用があり、肌荒れ、ニキビに有効とされ皮膚の再生を促す働きがあるそうですね。

『魔女たちの22時』で紹介された魔女は、30代から更年期障害になりホルモンのバランスを崩して、お肌ががさがさになってしまったそうです。30代から更年期障害になるのは、心のダメージも相当なものですよね。女性ホルモンって有り難いですね!

<紫根の化粧水の作り方>
紫根15gに対し水300ccを加え約15分間煮沸した後、茶こしで紫根をこして、残った薄紫色の水が紫根化粧水です(約1ヶ月分の量)。簡単です♪

魔女は2gの紫根をネットに入れてお風呂に沈め、「紫根風呂」もしているそうですよ。
これからの季節には、あせもに良さそうです。
中には、お茶にして飲んでいる方もいます。飲みやすくて、2ヶ月ぐらい経つとお肌がピチピチになったとか・・・!


紫根を購入するには、漢方薬のお店で売っているそうです。
通販では紫根そのものはこちらで販売されていますが、注文が殺到しているみたい。
急いで欲しい方は、この紫根エキスはどうですか?
精製水100mlに1~5滴程度のシコンエキスを入れて薄めると紫根化粧水が作れますよ!

theme : めざせ 美肌!
genre : ヘルス・ダイエット

最新記事
カテゴリ
おススメ記事
検索フォーム
エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。