スポンサーサイト

--.--.--.--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアアイロン 髪を傷めない使い方

2010.07.20.13:58

ヘアアイロンで髪を傷めない使い方を調べてみました。

髪のうねりに耐え切れず、思いつきで近所の電気屋でヘアアイロンを購入してしまった私。今になってちょっと後悔してます。
もっと、調べてから評判の良いヘアアイロンを購入するべきだった~(泣)遅いけど・・・

この益若つばささんも愛用のヘアアイロン「ツヤグラパーフェクト」って値段が高いけど、気になるー♪

使い方なども良く理解しないまま購入したので、今更ですが、髪をなるべく傷めないようにヘアアイロンを使う方法はないか調べてみました。

結果、髪を傷めないヘアアイロンはない・・・と思われますが、髪の毛をなるべく痛めないようにする使い方はあるようです。

美容師さんが何かで書いていた中で、一番ピンときたのが、
1、高温度を使わない
2、同じところに何度もアイロンを当てない
3、引っ張らない
4、濡れた髪に使わない
5、とかしながらアイロンを入れる
6、毎日使わない
これらを守れればメチャクチャに傷む事はないとのこと。
私が通っている美容師さんは「髪の毛オタク」(笑)なんですが、同じようなことを言っていました。

高温度を使わない
⇒温度は120~160度まで。(私が髪の毛オタクの美容師さんに言われた温度は、150度です。)200度まで上がるヘアアイロンってあるけど、髪の毛や爪は同じ皮膚の一部でタンパク質だから、高温でアイロンを使うと、間違いなく髪の役目を果たさなくなりますよね。

引っ張らない
⇒摩擦に弱いキューティクルが傷つかないため。

濡れた髪に使わない
⇒”濡れた髪に高温のアイロンを使うと髪は加水分解によりタンパク変性を起こしてしまう”・・・からだそうです。

タンパク変性
とは、卵をフライパンで焼くと白く固まりますが、そのような変化のこと。タンパク変性してしまった髪の毛は、元に戻ることはありません。

ヘアアイロンの髪を傷めない使い方をいろいろと調べてみたけど、わからないことがあります。
熱から髪の毛を守るために、ヘアアイロンをする前に、ヘアトリートメントやミストやオイルは付けてした方が良いのか?ということ。
色々な意見に分かれていて、本当のところどうなの~~~~!って感じです。

イメージ的にはつけたほうが良さそうですよね。ヘアアイロンの熱から髪を守るヒートプロテクト成分配合商品が沢山あるので、それを試してみようかな。
痛んだ後では遅いので、大切にせねば!

theme : ヘアケア
genre : ヘルス・ダイエット

最新記事
カテゴリ
おススメ記事
検索フォーム
エステ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。